×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒にきび(ニキビ)、対処、治療法。東京、大阪、名古屋、神戸、広島、福岡

黒にきび(ニキビ)、対処、治療法

黒にきび(ニキビ)はニキビの
初期段階、丁寧な処置しましょう。

  
にきびの予防 基礎編 あごにきび 背中にきび 黒にきび 大人にきび 白にきび にきび原因
ニキビケア、スキンケアの決定版、タカミスキンピール  これは今その効果の実績から人気沸騰中です。
黒にきび

黒にきびというのは、白にきび同じようにいわゆるにきびの
初期段階の状態で、皮膚の内側から盛り上がった皮脂が毛穴
の外側に向かって口を広げその入口部分が酸化して黒く変色
している状態からこういわれています。鼻にできることが
非常に多く、美容上、非常に困るにきびの種類です。
この黒にきびは、お肌の汚れや埃(ほこり)又古い角質などで
毛穴が塞がれることから皮脂が溜まりその結果、溜まった皮脂
(コメド(面皰))が皮膚の外側へ盛り上がった状態ですね。
白にきびと同じようにまだにきびの初期の状態ですから、
黒にきびの段階で正しい治療を行えば、にきび跡(痕)に
なりにくいとおもいます。

◆黒にきびの要因(ターンオーバーの乱れによるもの)
黒にきびの要因は、毛穴の詰まりによる皮脂の滞留が要因で、
白にきびのとき放置、雑菌の繁殖による悪化した状態といえ
ます。お肌のターンオーバーの乱れや毎日のスキンケアの
不十分さなどで古い角質がきちんと剥がれ落ちず残ってい
るため、毛穴周辺の汚れなどと一緒に毛穴内に溜まり始め
毛穴を閉ざしてしまってるのです。毛穴に入り込んだ汚れ
や古い角質は、毛穴内から分泌される皮脂と次第に絡み合い
コメド(面皰)を生成していきます。蓄積されていく皮脂は
次第に皮膚の外側へと押し出され閉ざされていた毛穴の入口
が広げられます。開いた部分にある皮脂が酸化し黒く変色
したものが黒にきびということです。


黒にきび(ニキビ)、対処、治療法

◆黒にきびの要因(皮脂の過剰分泌によるもの)
黒にきびの要因には、白にきび同じように、皮脂の過剰分泌が
上げられます。毛穴に落ちた汚れや古い角質を毛穴内に
より溜まりやすくしているのはこの皮脂であり、必要以上
の皮脂分泌により毛穴をより詰まらせる原因をつくって
いるのです。
過剰な皮脂分泌は、ストレスによるホルモンバランスの
崩れが大きな原因とされており、特にその時に分泌され
る男性ホルモンが大きく関わっているようです。
女性の場合は、生理時のホルモンバランスの崩れが
男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンの分泌を
促進し必要以上に皮脂を分泌させてしまうのです。
いかにストレスコントロールをしていけるかが、
白にきび解消の大きな鍵です。

黒にきびの治療方法
黒にきびを治療するには、様々な方法が考えられます。
しかし黒にきびは、白にきび同様初期症状のためそれほど
神経質に治療する必要はなく、日常の洗顔スキンケアや
食事改善、睡眠・休養等を意識することで治療される
ことのほうが多いようです。



黒にきび(ニキビ)、対処、治療法



黒にきびの皮膚科などの医師による専門治療方法
黒にきびに関しては、日常の生活改善と正しい洗顔スキンケア
等でそのほとんどが改善される旨をお伝えしましたが、生まれ
つき脂性肌でにきびの悪化スピードが早いなど、特別な事情の
ある場合は、皮膚科など専門機関の診察を受けピーリング等の
高度医療を選択することも良いでしょう。

高度医療には、ケミカルピーリング治療、イオン導入治療
、 レーザーフェイシャル治療、IPL治療、フォトRF治療、圧出
治療などがあります。どれも肌のターンオーバーを正常化し
皮脂分泌を抑制するため、にきび治療に有効なのです。

黒にきび治療の基本は、肌の代謝力を高め、ターンオーバーを
正常化することによりいつも新鮮な肌でいること、さらに毎日
の洗顔、会社などから帰宅した際のクレンジングを確実に行う
ことなどが非常に大切になります。もちろん必要以上の皮脂分
泌を抑制するため食事改善、効果的な睡眠等によるホルモン
バランスの正常化が欠かせません。


黒にきびの予防方法と対策方法



黒にきびの予防方法と対策方法
黒にきびは、白にきび同様、肌の代謝の乱れからすぐに出来てしまいます。ですから黒にきびが出来たとしてもそれほど神経質に
なることはないです。黒にきびの予防を考えるとすればそれはお肌をいつも清潔にしておきそして瑞々しい状態を保つことが大切
です。そして生活のリズムを考え睡眠を十分にとりましょう。そして、バランスの良い食事を摂取し肌の再生を促進するビタミンC
を多めに摂取するなどの対策が大切です。お肌に皮脂を正常に対外に排出させる環境が整っていれば白にきびは大抵は予防でき
ます。現在の生活習慣からチェックすることを始めましょう。

黒にきびが悪化すると大変
黒にきびは白にきび症状の初期の段階です。この黒にきびが悪化すると赤にきびになってしまいます。赤にきびは、毛穴に溜まった
皮脂を栄養に増殖するアクネ菌の代謝物が毛穴とその周辺組織を刺激することから発生するんです。見た目にも赤みを帯び美容上も
とても困るにきびです。赤にきびが更に悪化してくると、膿をもった化膿(黄)にきびへとひどくなっていきます。赤にきびや
化膿にきびのレベルになればにきび跡(痕)になる可能性がとても大きくなります。そうなると一生月の表面状態のクレーター肌
から解消されないとても深刻なことになります。なるべく白にきびや黒にきびの状態のときにで改善するように十分な対策をとる
ことが大切です。

お肌代謝力を高めるためには
黒にきびを予防するにはお肌の代謝力を高める必要があります。というのも、黒にきびは、白にきび同様、お肌の代謝の衰えから古い
角質がいつまでも残ってしまう環境が原因のひとつと考えられるからです。

お肌の代謝力を高めるためには、古い角質を確実に削ぎ落とし、お肌の内側から新しい皮膚を生成するコラーゲン等を刺激することが
大切です。古い角質を削ぎ落とすには毎日の洗顔によるスキンケアそれに、使用する洗剤もピーリング作用のある石鹸を使用すると
効果的です。さらにコラーゲンやエラスチン繊維を刺激するために含有される食品やサプリメントを使用するのも効果的で、比較的早く
改善させるには、皮膚科の専門医による光治療を受診するのもいいでしょう。


リンク集
用賀皮膚科 東京都世田谷区用賀4-11-10 山田クリニック 神奈川県相模原市相模原3-12-9 まひろ皮ふ科クリニック 愛知県豊橋市吉川町158-1 まつおクリニック 皮膚科・形成外科 福岡市西区周船寺1-1-28 前田ひふ科・アレルギー科 長崎県大村市西大村本町212-2 市澤皮膚科医院 静岡県富士市日出町180番地 ひまわり皮フ科 東京都江東区亀戸2-26-8-2F もばら皮膚科 茂原市千代田町1-9-1 福井皮フ科医院 名古屋市中川区豊成町1-1-102 つむぎクリニック 愛知県稲沢市井之口親畑町70-1 Yuki-Net 群馬県高崎市 ウェルネスバンク 東京都渋谷区恵比寿 和真クリニック 東京都文京区 松田知子皮膚科 福岡市西区今宿駅前1ー2ー8 名護皮ふ科 沖縄県名護市大北1丁目2−34 国際オルタナティブ医科大学付属クリニック 北九州市小倉北区黄金 WebShopせせらぎ 静岡県焼津市中新田2008 阪口内科・皮膚科クリニック 大阪府阪南市箱作337 永井皮膚科 埼玉県戸田市本町2-16-8 高野医科クリニック 東京都葛飾区青戸6−4−23 中山皮フ科クリニック 神奈川県横浜市緑区中山町305-20 永井皮膚科 埼玉県戸田市本町2-16-8 高野医科クリニック 東京都葛飾区青戸6−4−23 中山皮フ科クリニック 神奈川県横浜市緑区中山町305-20 つつい皮ふ科形成外科クリニック 福岡県福岡市東区 かやば町皮フ科 東京都中央区日本橋小網町 下永谷内科・皮フ科 横浜市港南区日限山1-57-40 ひふ科いのうクリニック 福岡県久留米市野中町 皮膚科 五十嵐医院 東京都北区赤羽1−49−9 ひしかわクリニック 愛知県江南市古知野町朝日165 北青山Dクリニック 渋谷区神宮前3−7−10 和真クリニック 東京都文京区湯島
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.